久野製靴

 


1947年創業以来、丹念な手作りと機械による量産化を経ながらも、一人ひとりの職人の手によって生 みだされてきました
深夜靴をつくり続けたこびとの靴屋のように、日夜努力を惜しまず作り続ける 職人の心意気が、その一足一足を生み出してきました。
靴づくりは、どんなに機械化されても尚、人 の手を離れては作られません。人と道具と機械が融合して、一足の靴が生まれるのです。


履きやすさと美しさの両立」を長年探求し, 
創業者の代から長年に渡って魂を込めて丹念に作り上げてきた Made in Japan の靴を世界に発信したいという想いが込められています。